冬山初心者向け講習会で入笠山へ

2021年2月21日(日曜日)晴天
7名のメンバーで午前6時30分 鈴木桃畑を出発。途中、信州中野IC、姨捨サービスエリア、諏訪サービスエリアで休憩を取りながら諏訪南ICで一般道へ、富士見パノラマリゾート駐車場へ。
駐車場は県外の車で混雑していた。

 

午前9時 登山準備をしてゴンドラ乗り場に向かう。
車からおよそ500メートルを歩いてチケット売り場へ、Sさんがスマホで割引券を入手していただいていたので、一人往復1500円で購入。
10時25分山頂駅着。入笠山に向かって歩き出す。山頂まで60分の標識、参加メンバーの中で自分が一番運動不足でみんなの足を大いに引っ張ってしまう。
大小さまざまな犬のペット連れがとても多い。
道は踏み固められていてアイゼンがよく効く。

入笠湿原の中を通て山彦荘へ、ここは休業中だったが公衆トイレは解放されていて、入り口にはペット用品専用のごみ箱が設置されている。
ゆっくり10分ほど歩いてマナスル山荘へ、このあたりから風が強く感じられるようになる。
ジャケットの下に一枚着込んで出発。
傾斜も少しづつきつくなり、自分だけが息が上がってしまいたびたび呼吸を整えるために立ち止まる。

12時8分 入笠山山頂1955.4メートルへ到着。360度素晴らしい展望が広がっていた。

軽い昼食後、ツエルトの使い方、ピッケルでの滑落停止(ポーズのみ)などの練習を行う。午後1時34分山頂を出発、山頂からの下りの急斜面に驚く。
登りは、気づかなかったがかなりの急斜面だ。登りがきつかった訳だ。と自分で勝手に納得。

途中、スコップの使い方を兼ね、雪からバーナーでお湯をつくる講習を行いそれぞれ好きな飲み物を飲んで休憩。
午後3時13分山頂駅へ、3時54分駐車場着。
靴下の選択を間違え、踵がひどい靴擦れになっている。

一路自宅へ向け出発する。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です