春の鍬ノ峰へ

5月24日木曜日 大町市にある鍬ノ峰へ5名で満開のシャクナゲの花を楽しみに登りました。
今年の山は季節が進のが早く、シャクナゲもすでに花の時期が過ぎていました。

山頂近くでようやく見つけたシャクナゲの花

自宅を午前7時にIさんの車に乗せていただき出発。
途中の中条道の駅でSさんと合流。
大町の市街地を過ぎ、あずみのアルプス公園、餓鬼岳の登山口白沢登山口を過ぎて急に細くなった舗装された林道を進み、9時25分、鍬ノ峰登山口に到着。
駐車場には一組のグループが出発しようとしていた。

登山口から急登が始まる。
息を切らせながら登ると第18番鉄塔送電線の下に出る。
登山道は笹に覆われた急登で昨夜まで降っていた雨の水滴でズボンが濡れていく。

尾根に出てほっとする。
残雪の北アルプスと安曇野が一望できる

結構きつい登りでも、時々現れる花々はホッとした一瞬を与えてくれた。

岩場の緊張がつづく場面で目を楽しませてくれた可憐なイワカガミ

里山と軽く考えていた私をどんどん追い詰めるように危険な岩場やロープ場、上り下りがあり、11時50分頃ようやく山頂に到着。
展望は抜群で、残雪の北アルプスの餓鬼岳・唐沢岳・爺ケ岳・鹿島槍ケ岳・遠くには浅間山や妙高山・火打ち山も見ることができた。

山頂で記念写真

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です