すばらしかった坂戸山 残念だった市役所の対応

満開のカタクリ

4月26日(木) 信州中野は小雨交じり。
坂戸山のカタクリの群生を見たくて山岳会の仲間5名と新潟県南魚沼市にそびえる坂戸山(633.9メートル)に出かけました。

駐車場すぐ上にある屋敷跡のカタクリ群生地に感激する。 バックに見える建物が公衆トイレ

7時30分 中野発 飯山道の駅で1名乗車、9時52分南南魚沼市坂戸の坂戸山登山口に到着。
第1駐車場は、観光バスや自家用車でいっぱいだったので第2駐車場へ。

小雨の中、登山開始、駐車場の側にある旧屋敷跡はカタクリの花が満開で私たちを迎えてくれた。
意外と急な城坂コースを行く。途中から青空が顔を出し雨具をしまう。
途中の桜坂平では一面にカタクリが咲き誇り、登山者の目を楽しませてくれる。

 

山頂近くの桜平も一面満開のカタクリの群生

12時10分 山頂着。
山頂からは、魚沼盆地の向こうに残雪が残る中岳や八海山が望め青空と共に感動をいただいた。
下からはいくつかの団体が登ってくる。平日だというのにとても山頂は賑やかだった。
昼食の後、薬師尾根遊歩道を下山開始。
登山口には、午後1時55分下山。

 

山頂ではカタクリの群生地のバックに残雪の八海山や中岳?が 感激!感激!

本日の参加者で登頂の記念写真

山頂の神社

下山道でのタムシバ?をバックに

 

 

 

 


坂戸山の群生したカタクリの花が見事だっただけに、とても残念な事がある。
登山口には、立派な建物の公衆トイレが設置されているがその管理があまりにもずさんすぎると感じた。

トイレのトイレットペーパーがなかったり、2日前の下見の際に男子トイレの洋式便器のところが汚物で溢れかえっていたので、市役所に電話をしてその対応をお願いしていたのですが、全く対応された様子がなかった。
春の連休に入ろうとしている時期にこれでは!。
公衆トイレの入り口には、冬期間はトイレの清掃は行わないこと。汚した方は自分で清掃してほしい旨が書かれてはいるのですが。
近くには高級ホテルも有り、これだけの利用者がいるにもかかわらずでは。
管理ができないのであれば、閉鎖するか最初から公衆トイレなど設置するべきではないと自分は考えています。
どうも、地元の皆さんには遠くからみえる登山者は迷惑だけのように感じておいでではないかと思いました。
近くには大きな公共施設もあるので、そちらを使えるようにした方がまだましではないかと思っています。

記録 北山さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です